会員登録
ID 名
パスワード
最新情報
>> 現在の場所:ホーム > 最新情報 > 工芸の頂点をロレックス腕時計品鉴

 ロレックス時計ブランド1955年設立スイスラ紹徳通、ブランドの最初ははおじとおいは彼らの金橋スタジオへ転向独立ブランド、新入生の会社とこれはおじとおいは職人デザイナーを経て、2人の共同の努力、1956年に発売した第1枚の腕時計を手にした人々の関心。2000年から家族を司るは、易主が、が持つの態度と方向は変わらない、あとでまた技術革新が相次いで様々な意義の腕に精品、いまさらはすでにいない暁の腕時計ブランド。

 
ロレックス1980年発売の旗艦機能搭載モデル特許復雑表、長方形ムーブメント、より業界の堰の作も体現したタブ工芸のピーク。と呼べるの最も代表的な作品で、特色の長方形のケースの設計、直線的で透明文字盤の造型、人を覚える。樽型ケースサイズ43x21ミリ、ケース厚11.24ミリを採用して、全体の18バラ金材質で作られ、文字盤の週囲にちりばめられきゅうじゅう粒の大きさを均一に一緻のダイヤモンド1粒のも美しい色、純度純透。つり橋のスーパーコピーロレックス設計と同じようなムーブメント板だけではなく、ムーブメントを固定ケース内で、もっと有効に分散に外来の衝撃力保護ムーブメントの運転は影響を受けないや破損。
 
同モデル腕時計はフェイスは、正面から私たちが直接見える内部構造は、ムーブメント運転、ムーブメント、摆轮板発条バネなどの部品が見える。表サイドはサファイアクリスタルガラス制を採用して、はっきり見えロレックス腕時計の内部ムーブメントのローター精密運転。コーディネートバンドも採用18バラの金で作られた、快適な装着。表のバックルも同様の材質を使用のバックルデザインは、針、表にはボタンが刻まれてのブランド名。表冠はろく時位置に設計された腕時計の表に耳の間に、見た目もより一体個性があって、表冠上部が刻まれてロレックスエクスプローラーコピー販売マークの直立式鍵ロゴ。搭載されCO113手動機械ムーブメントムーブメント直径33.27x11.28ミリ、発振週波数28800毎時間を持つ宝石数じゅうくを提供することができよんじゅう時間、パワーリザーブ。
 
ロレックス腕時計が独創性の設計を採用し、長方形の全透視ケース、ムーブメント全透サファイアクリスタルガラスに包まれ、とても独特で目を引く、より業界の前衛の設計作品。
 
禁無断複製、無断転載。このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
Copyright © 2007-2020 always777.com All right reserved.